イビサソープ

下半身部の不快なニオイの悩みを解決してくれるのが、医薬部外品で薬用のイビサソープです。

 

ほぼ100%、菌を除去

「イソプロピルメチルフェノール」という成分が、イビサソープのメイン成分です。ほぼ100%の菌の除去が叶うのは、このイソプロピルメチルフェノールの
効果によります。

 

汗や汚れなどにより発生する菌が、下半身部の不快なニオイの大きな原因です。原因は汗そのものにあるとして、発汗を抑えるような製品もありますが、主な原因は汗自体にあるのではないのです。

 

 

イビサソープがニオイの悩みを解決に導くのは、ニオイの本当の原因である菌をなくすからです。

 

 

肌トラブルを抑えて肌環境を整える

炎症などいろいろな肌の問題を改善する成分であるグリチルリチン酸K2も、イビサソープには配合されています。

 

そのため、肌の環境が整い、健やかな状態が保たれます。さらに、この健やかな肌環境を保つ助けになるのが、ほかにイビサソープに配合されているビタミン群とジャムウ成分です。

 

このイビサソープ、これだけの効果を与えつつも、肌に優しく負担をかけません。

 

 

汚れを洗い流すのに有効な成分は高いクオリティのアミノ酸成分ですので、洗う力が強すぎて、肌に必要な脂や、デリケートゾーンに元々存在する、除去しすぎてはいけない菌まで奪ってしまうようなことはありません。

 

肌の乾きや元々ある菌を除去しすぎてしまうことは、様々な肌トラブルを誘発し、ニオイの悪化にも繋がるので、そういった心配は、イビサソープに至っては不要です。

 

 

そして生産されているのは三重県、自然環境豊かな地。生産過程も厳格に管理されているので安心です。

 

 

簡単な使用方法

利便性に秀でているところも、イビサソープのポイントです。ボトルを押せば、泡が出てきます。面倒な泡を作る作業が省けるので、毎日続けやすいですね。

 

 

その泡をデリケートゾーンにのせます。量は2、3プッシュ分くらいです。洗い落とすのは3分後ですが、3分の間は、顔を洗ったりしていたらすぐに経過するでしょう。

 

実は、イビサソープは、体のどの部位のニオイにも対応します。効果を発揮するのは、デリケートゾーンのニオイだけではないのです。

 

そのため、部位によって違う製品をいちいち手に入れなくて良いので、バスルームに置くのはひとつだけで済むところも高ポイント。

 

もちろん、どの季節でもいつでも使い方は上記と同じですので、一度習慣化してしまえば、ニオイケアを簡単に毎日継続することができるでしょう。

 

イビサソープの成分

強力に菌を除去する薬用ダブル成分

イソプロピルメチルフェノールと、グリチルリチン酸K2、このふたつが、イビサソープのメインとなる「薬用ダブル成分」です。

 

 

肌は菌によって、ニオイを含む様々な問題を引き起こします。この菌を、殺菌の働きが厚生労働省からも認可されているイソプロピルメチルフェノールが防御、そして菌のないクリーンな状態の肌へ、肌荒れなどのトラブルを抑える働きをプラスするのが、グリチルリチン酸K2です。

 

厚生労働省から認められた成分を配合しているイビサソープ自体も、医薬部外品として認められており、肌の除菌、肌荒れとニオイの抑制の有効性は証明されています。

 

>>>イビサソープの口コミ情報

 

配合しているビタミン群は5種類

イビサソープに入っているビタミン群は5種類。

・ビタミンA
イビサソープに配合されている油脂状となったビタミンAから期待される働きは、乾燥防止、ターンオーバーを促す働きです。

 

・ビタミンE
うるおいの保持、老化防止、殺菌の作用が期待されます。イビサソープに配合されているビタミンEは自然由来のもので、安心です。

 

・3種のビタミンC誘導体
イビサソープに配合されたビタミンCは、3つの「ビタミンC誘導体」として配合されており、肌へ浸み込むパワーを強くしています。

この3つは、「テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル」、「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」、「L-アスコルビン酸2-グルコシド」ですが、これらが肌を白く美しくするだけでなく、うるおいをキープし、コラーゲンの生成をも促進します。

 

 

「ジャムウ」という名の6つの天然物質

さらに配合されている「ジャムウ」と呼ばれる6つの成分を紹介します。

・はちみつ
皮膚を美しくするだけでなく、保湿効果も持ちます。

 

・オウレンエキス
肌の炎症を抑え、抗菌の効果も期待できます。

 

・オウバクエキス
老化防止の働きに加え、抗菌や、肌を清潔にする働きも。

 

・茶エキス
菌を抑え、ニオイの発生を防ぎます。

 

・セイヨウハッカ葉エキス
皮膚を殺菌し、荒れを抑え、肌環境を整えます。

 

・オトギリソウエキス
こちらも肌環境を整えます。さらに保湿の働きまで担います。

以上の成分が、敏感な部位に効果的にアプローチしますが、天然由来のものであるため、肌に負担がかからないところが嬉しいポイントです。

 

 

安心の無添加処方

 

肌が弱い人にも安心して使用してもらえる無添加処方のイビサソープは、赤ちゃんに使っても安心なほどで、パラベンをはじめ、着色料、人工的な香料、ミネラルオイル、界面活性剤を使用していません。

 

そして、洗う力は敏感肌でも気にならないアミノ酸成分。毎日使うものですから、心置きなくニオイ対策に集中できる優しい成分構成になっています。

こんなあなたに使って欲しい

不快な下半身部のニオイに悩んでいる人

イビサソープでは、不快なニオイを誘発する雑菌をほぼ100%なくすことができます。菌をなくすことはニオイの改善に繋がります。汗や汚れで増える菌こそが、ニオイの大きな発生源だからです。

 

ニオイは、肌の炎症や、乾燥によっても強くなることがあり、通常のせっけんでは敏感な部位への皮膚には負担がかかりすぎてしまい、ニオイの悪化に繋がりかねません。

 

ですので、イビサソープのような低刺激せっけんを使用することが大事なのです。

 

 

皮膚が敏感な人

赤ちゃんにも使えるくらい肌に優しい作りになっているイビサソープは、普通のせっけんでは肌荒れを起こしてしまうような人に使用してもらいたいせっけんです。

 

体の敏感な部位に特化して作り出されたソープですので、皮膚にやさしい処方になっています。

 

>>>イビサソープの体験レビュー