おりもの量、悪臭、異色は病気のサインかも


女性のおりものは、人それぞれ性質が異なります。一般論としていろいろ言われることがあり、それが自分のおりものの性質と異なっていたとしても、それだけで心配する必要はありません。ただ、おりものの量や色、ニオイなどがいつもと大きく違うときには要注意です。

 

 

そもそもおりものとは何なのか?

女性にとって、おりものに対するイメージは決して良いものではありません。できることなら、おりもののないカラダになりたい・・・などと考える女性もいるかもしれません。ただ、おりものが分泌するということは、分泌しなければならない理由があるということです。

 

ほぼ毎日分泌するものですから、おりものの量や色、ニオイなどの変化から自身の健康状態を読み解くことができる可能性もあります。

 

 

少なくとも、今まで見たことがないほど大量のおりものが分泌されたり、グロテスクな色がついていたり、強烈なニオイがおりものから発せられていたら、何らかの行動に移すはずです。

 

重要な役割を担っているオリモノをもっと有効に活用するためにも、「そもそもおりものって何?」という疑問にアプローチしてみましょう。

 

 

おりものの正体に迫る

女性が毎日目にするおりものですが、その正体については正直あまりよく知らないという女性が多いです。おりものは、女性器からの分泌物であるというところまでは誰でも知っているはずです。ただ、どこでつくられて、どんな成分なのかというところまで知ってる人は少ないでしょう。

 

おりものは、子宮内膜から分泌される粘液です。子宮内膜以外にも、子宮頸管の粘膜や膣粘膜の一部でもあります。粘膜だけでなく、古い細胞や、さらには外陰部かの皮脂腺や汗腺から分泌される皮脂や汗の混合体であるといえます。

 

それだけに、おりものには多少の色がつきますし、ニオイもあるほうが自然です。ただ、女性にとってこうした非常に重要な部位から分泌される分泌液だけに、量、色、ニオイなどがいつもと違う状態であったとすると、どこかに何らかのトラブルの可能性があると考えられます。

 

 

おりものは生理・排卵周期や女性ホルモンの影響を受けやすい

おりものの形質の変化が起こるのは、上記のように健康面でのトラブルの影響ばかりが理由とは限りません。実は、生理周期や排卵周期、さらには何らかの要因で女性ホルモンのバランスが崩れることで、おりものに大きな変化が見られることが多いのです。

 

 

おりものの量は年齢との密接な関係があった

おりもののトラブルで女性が一番やっかいであると感じるのは、「おりものの量」であるといわれます。もちろん色やニオイの大きな変化にも大きな戸惑いを感じるでしょう。ただ、おりものは毎日のことですから、量が多いという変化が一番困ってしまうのです。

 

おりものの量に関しては、もちろん多少の個人差があるといはいえ、年齢とも大きなかかわりがあるのです。特に20代〜30代の女性は、他の年代の女性にくらべておりもののの分泌量が多くなる傾向があると考えられています。

 

これは、この時期の女性の女性ホルモンの働きが他の年代よりも活発になるからです。おりもののニオイについては、特に30代の女性のものが最もきつくなるといわれます。また、年齢にかかわらず、生理の終わりごろの排卵期に差し掛かると、おりものの分泌量が増加する傾向があります。

 

>>>オリモノの臭い対策|人気おすすめケア商品ランキング

 

 

関連ページ

固まったオリモノは何のサイン?
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
おりものがピンク色だった時の原因
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
オリモノが水っぽいのはなぜ?
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
おりものが臭い時の病気の種類
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。