産後のおりもの臭いについて


おりもののニオイに悩む女性は多いですが、特に産後、おりもののニオイがきつくなってしまったという女性も少なくありません。特に産後の(広義の)おりもののニオイが強くなるとき、そのおりもののことを「悪露(おろ)」と呼ぶことがあります。

 

 

悪露の原因と対処

出産を経験したことがある女性ならわかると思いますが、出産はまさに命がけのイベント、産むお母さんも生まれてくる赤ちゃんも必死です。それだけに、特にお母さんのほうには大きなダメージが及びます。悪露は、そうしたダメージの、言い換えれば新しい命が誕生した証拠である誇らしい現象です。

 

たいていの場合、悪露は「血のニオイ」を発します。出産で傷ついた際の出血や、細胞組織がおりものの形で流れ出てくるのが悪露です。たいていの場合、産後1か月もすれば悪露の問題は自然に解決しますので、心配は不要です。

 

1か月を経過しても鎮静化しないときには産婦人科で診てもらうとよいでしょう。問題は、悪露の問題が解決したあとのおりもののニオイです。

 

 

産後のおりもののニオイは悪露のあとも強い

悪露が解決しても、その後のおりもののニオイが出産前よりもきつくなってしまったという女性は多いです。

 

産後のおりもののニオイがきつくなる理由

出産にともない、ホルモンバランスが大きく変化します。産後しばらくはその影響で、おりもののニオイがきつくなることが多いです。ホルモンバランスが崩れると、どうしても女性の膣内の環境が悪化しやすくなるのです。

 

膣内の環境が悪化すると、ニオイの原因となる細菌の働きが活発になり、膣に炎症が起こります。この症状を細菌性膣炎と呼びます。細菌性膣炎は性交渉などが原因となる悪質な病気とは違い、多くの女性の膣内で比較的よく起こる一般的なトラブルです。

 

抵抗力が弱まり、膣内の自浄作用が低下すると、細菌性膣炎が起こりやすくなります。やはり出産のダメージによって抵抗力が弱まると、細菌性膣炎によっておりもののニオイが強くなりやすいといえるでしょう。

 

 

産後のおりもののニオイへの対処方法

有効と考えられる方法は2つあります。1つ目は、ボディーソープによる洗浄を控えるということです。

 

ニオイの原因菌をキレイに洗い流すことは正しいのですが、ボディーソープでとなると、ニオイの原因菌ばかりでなく、ニオイの原因菌をやっつけてくれる善玉菌まで葬ってしまうことになり、さらに悪化する可能性が高まるのです。

 

おりもののニオイの対策には、デリケートゾーン専用のソープを使うのが良いでしょう。

 

 

また、2つ目の対策として、「膣洗浄剤」があります。

 

膣洗浄剤は、産婦人科などでは当たり前に使用されているので、安全性は確かです。膣洗浄剤は、悪化した膣内環境を整える作用がありますので、産後の女性には最適なツールであるといえます。

 

膣洗浄剤では多くの販売シェアを占めており、産婦人科と協力して開発された(⇒インクリア)のような商品もありますので、安心して手にすることができます。

 

⇒ 【オリモノお役立ち情報】一覧に戻る

 

 

関連ページ

おりものが臭い時の誤った洗浄法
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
ストレスとおりものの臭いの関係
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
オリモノが臭い時は食事から改善
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
日常生活でおりものを正常に保つ工夫
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。