おりものが臭い時の誤った洗浄法


おりもののニオイに悩む女性は多いですが、おりものは体内からの分泌物なので、改善するといってもそう簡単なことではありません。

 

 

デリケートゾーンの洗い方に要注意!

女性のデリケートゾーンは、いろいろな意味で「デリケートなゾーン」です。いくらニオイが強いおりものが分泌されたとしても、何も考えず力任せに洗ってしまおうという発想はNGです。ここでは、やってはいけないデリケートゾーンの洗い方をご紹介します。

 

 

普通の石鹸で洗う

おりもののニオイが強いと、そのニオイ成分がデリケートゾーンに付着するということで、洗浄力の強い石鹸で洗いたい衝動に駆られる女性は多いです。

 

これはやってはいけません。女性の場合、身体を洗う延長でデリケートゾーンも洗浄することがあると思います。

 

 

ボディソープでそのままデリケートゾーンを洗浄することになります。ボディソープは洗浄力が強いので、皮膚に炎症を引き起こしてしまうリスクが高いのです。

 

膣内の皮膚トラブルが起こると、おりものそのもののニオイばかりでなく、デリケートゾーンそのものがニオイの温床になってしまう可能性があります。

 

 

力を入れてゴシゴシ洗う

おりもののイヤなニオイが付着していると考えると、力を入れてゴシゴシ洗いたい気持ちが強くなる女性は多いでしょう。しかし、デリケートゾーンを洗う上で、これは絶対にやってはいけない洗浄方法です。

 

デリケートゾーンは、部位としてのデリケートさだけではなく、皮膚がデリケートであるということでも知られます。そのため力を入れてゴシゴシ洗うと、皮膚トラブルが起こりやすくなります。

 

皮膚トラブルによって、デリケートゾーン自体がさらに臭くなり、おりもののニオイもますます強くなるという悪循環を招きます。

 

 

膣の中まで洗う

女性の膣は、その形状からもわかるとおり、雑菌が侵入しやすい構造になっています。しかし、ある意味厳しい環境を強いられる部位だけに、膣は自浄作用にも長けた部位なのです。

 

せっかく膣が自分で雑菌の侵入への対処をしているところに、膣内部まで洗浄しようとすることで、かえって弊害になってしまうことが多いのです。

 

臭いおりものが膣内部から分泌されると考えると、女性としては不安になります。どうしても膣内部まで洗浄したい気持ちになるかもしれませんが、膣内部は自浄作用に任せることが望ましいと言えます。

 

 

どうしても膣内部まで洗いたい女性へ

とは言え、やはり精神的には膣内部まで洗いたい気持ちが強い女性も多いでしょう。

 

そんなとき、膣内部を洗浄するスペシャリストともいえる、膣洗浄剤というものがあります。産婦人科ではごく普通に使われているアイテムで、最近ではネットから購入することもできるようになっています。

 

膣内部まで洗浄したいと考える女性は、おりもののニオイ対策の一環として、膣洗浄剤を利用するのもいいと思います。

 

⇒ 【オリモノお役立ち情報】一覧に戻る

 

関連ページ

産後のおりもの臭いについて
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
ストレスとおりものの臭いの関係
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
オリモノが臭い時は食事から改善
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。
日常生活でおりものを正常に保つ工夫
生臭い独特なオリモノの臭い。その徹底解消法をお伝えします。なかなか消えないオリモノの臭いを消すための市販グッズを、人気ランキング形式でご紹介します。